How's it going?

23.4度考え方がずれた結奈が お届けするぼんやり世の中を眺めた観察日記

巻島裕介に憧れた結果海外輪行にチャレンジしてしまった件<出国編>

えー大分間が空いてしまいましたが引き続き海外輪行の話を書いてまいります。

こんな期間に何してたんだって?いやぁそれは……*1

 

前回、巻島裕介に憧れた結果海外輪行にチャレンジしてしまった件<事前準備編> - How's it going?は事前準備編として基本的に航空会社と旅行代理店とのバタバタを書きましたのでその後のお話を今回は書いていきたいと思いますドンドンパフパフ〜
 
さて、年末のコミックマーケットも無事三日間を終えて、私は正月の社畜生活*2を送り、出立を待っていたのですが、出立まで4日も休みがあったにも関わらず何も準備をせず前日を迎えました。*3
元々旅の準備はあまりきちんとしないっていうか通常前日に荷物詰めるだけだろ最悪パンツと靴下と財布だけあれば眉毛なしでも生きていける人間なので、たかをくくってました。
 
仕事から帰って来てまずは件のバイクケースに自転車をしまい込むお仕事。
今はいいですね、検索すれば何でも出てきて。ってことでメーカーサイトの動画を見ながら自転車をバラす。
とここで、まずペダルをはずすところから。
OKOK実は直前の休みに知り合いの自転車屋に行ってペダルを外すための工具を買って来てましたよナイスゆいな氏。ペダルレンチってやつですね。これで外せば……
 
えーと。
すいません、レンチかけるところないんですけど…
 
ってわけで再度検索です。うちのペダルはLOOKチャンですので調べてみると六角で外せる模様。
 
あれ?これペダルレンチ買った意味 #とは
 
 悲しくなりましたがまぁ取り敢えず。ただ手元にあるのが外で使用する小さい六角がまとまってるもの。
巻ちゃんが1年生レースの寒咲先輩の車の中でカチャカチャやってるアレですね。
OK合わせてみよう……ごめん全然はまらない。
 
あれ、これもしかして詰んだんじゃ?
明日六角売ってるところがあくまで死んだんじゃ?
 
ここから自宅を大捜索。引っ越した時に利用した六角とかフィギュア作業するときに使っている工具袋系を全力でひっくり返して合うサイズの物がないかチェック。しばらくして、無事太さがちょうどいい小さいものを発見した時には結構まじめに万歳三唱をしました。
そしてここからが再度問題。
ペダルの回る方向と逆方向に回せば外れます、と記載があるので回してみるけど回らない。
ペダルを漕げば漕ぐほど固くなるようになっているので回らない。
再度詰みました。
 この段階ですでに23時近く。うーんワンチャンドンキホーテなら売ってるかもしれないけどでも……とペダルが外せないことをTwitterでイジイジとつぶやくとここで救世主が…。

 言われたとおりに格闘すること20分。

 無事成功。本当に助言いただかなかったら外せずに泣いてましたやばかった。

ちなみにグリスを塗っておくと次回以降外しやすいとも言われたのでこれは翌日イオンバイクへさっさと行って買ってきました。*4

それからハンドルとサドルを恐る恐る外し、梱包材を使って梱包。

 ぶっちゃけ自分でここまでバラしたの初めてだったので本当怖かったです。元に戻す方法は知っていても怖いものは怖い!!!

ていうか、一年前まで「後輪外したらつけらんない!無理!」っていいながら前輪外すタイプの輪行袋を全力で買ってた女が気がついたらペダル外すわハンドル外すわサドル外すわですよ???

この進化、やばくない?

梱包材を敷き詰めてメットを入れてなんとかバイクケースの蓋がしまったので前日準備完了。お布団の中でおやすみなさい。

 

翌朝出発当日

20時頃の発の便だったので朝はゆっくり……と言いたかったのですが、グリス買ったり、バイクケースに自転車入れた状態で駅まで向かうのもあり、超早起き。

何がヤバイって、バイクケースを引きずりながら自分の服とか入ったコスプレ御用達のトランクも持っていく必要があるってこと。

成田空港まで車で行くわけにも行かず、トランク2個なのでリムジンバスにも乗れず残る手段は電車のみ。ええ乗りましたとも、しかもスカイライナーのっていいものか悩んだ結果鈍行で行きましたとも。

電車ですれ違う人全員に二度見されましたとも!!!

取り敢えず空港ついて両替して、まずは目指せ出国ロビー。そもそもついてる車輪が小さくて機動力が少ないバイクケースでしたので、電車の発着する地下階でみつけた複数トランクが載せられるカートにヨイショと載せて準備万端OKにして、いざエレベーターへ…と向かったところ、バイクケースの横のサイズがエレベーターに入らず、乗れませんでした…*5

結局再度カートから降ろして、電車に乗った時と同じ状態でエレベーターに乗りましたとさ…。

それから一旦お茶を飲み、集合場所で航空機チケットを受け取り手荷物預け入れ場へ。もちろんアレです。

みんなの注目の的です。

前の記事でもかいた通り、これ一応社員旅行なのよね……

なお、無事元同じ部署の人に見つかり一通り笑われました。

さてさて預け入れ。以前の記事の通り、自転車を預けることは伝えていたので割とすんなり受けてもらえました。自転車ですね、お預かりします。くらいしか話してません。一応重さ制限があったのでそれだけその場でチェックと、ペダルを外しているかどうかのチェック、空気を入れるためのボンベが中に入っていないかのチェックは有りました。

私「鍵をかけても大丈夫ですか?」

スタッフ「そうしたら保安所を通してからのがいいのでこちらへ」

という会話を挟んだ結果、大型手荷物保安所にも行くことになりました。こんなトコあるんですね…。早々に自転車ですねーちょっとみますねーとレントゲンされて即OKもらってその場で鍵を掛けてしばらくのお別れ。

奥へケースごとドナドナされていくヤストモを見ながら少しだけ泣きました。

 

ここから搭乗して降りるまではもう普通の旅行と同じでした。特に何も変わらず。

f:id:finefinefine:20160512012603j:imagef:id:finefinefine:20160512012658j:image

あ、ご飯めっちゃ美味しかったです。 

基本的に飛行機内で熟睡できる人間ですのでぐっすり寝かせてもらいました。ただ去年アメリカ行った時よりも揺れたので少しだけ驚き…。

 

空港に到着して入国審査。最初は普通の内容だなぁと思っていたんですが仕事は?!と聞かれてちょっと焦りました。よくわからないのでSEって答えたら(絶対違う)IT?って聞かれたのでYesと言っておきました。あとなんか食べ物持ち込んでないか?って言われて考えたら補給用の羊羹が入ってて、あるって言ったら中身はって聞かれたのでスナック()って答えたら普通にOKでした。羊羹はスナックで会っているのかどうかは謎です。

そしてターンテーブルで荷物の受取。いつもの赤のトランクはぐるぐるっと回っていましたが、自転車だけは普通におじさんが手で持ってきてくれました。なんかリッチな気分w

到着からホテルチェックインまでは会社の借りたバスで観光だったので荷物だけ先にホテルに送るためにトラックが来てました。自転車預けるの心配だなぁと思いながら取り敢えず号車と名前を告げに集合場所に行って驚いた。

スタッフ「あ、自転車をお持ちの巻島様(仮名)ですね!お待ちしてました!」 

まって私まだ名乗ってない。

どうやら話を聞いた所、千人単位で参加の社員旅行にも関わらず自転車持ち込みは一人だった&センチュリーライドも企画する旅行代理店で、ハワイ支部長さんが自転車好きとのことで現地スタッフは全員「すごいやつが来るぞ!!!」とワクワクしながら待っていたそうです(驚愕)

スタッフ「今日のトラックスタッフはハワイセンチュリーライドの担当もしているので運搬は安心してくださいね」

正直事前対応はアレでしたが神対応をうけましたこれ……。

しかも対応してくださった方自身も自転車に乗られるとのことで、ハワイの道での気をつけるべきなんてところも教えてくださって本当に助かりました。特に一方通行が多いとのことで戻ってくるときは別の道〜なんてことがザラにあるというのが一番の収穫でした。

 

以上で出国編終了です!おかしい!ライドも混ぜるつもりだったのに!それはまた次回。

*1:

コスプレしたりとか撮影したりとか同人小説本出したりとかコスプレしたりとか大阪行ったりとかキンプリはまったりしてました……

*2:販売業だからね

*3:何してたかって言うと年末からの大量の写真を現像したりしていたようです見返してびっくりしたわ

*4:開店と同時に行きましたがお店の人がなんか怖かった。

*5:警備員に止められました…